1万円からはじめる株式投資でお小遣い稼ぎをする方法

お小遣いの中から一万円だけ株式投資に動かして月に5万円、10万円とお小遣い稼ぎしたいとお考えの方におすすめの方法をお話しています。

トップページ > 株式投資で1千万円を失った恥ずかしい話

株式投資で1千万円を失った恥ずかしい話

私は昔、株式投資をしていて、
全財産のお金1千万円を全て使って運用していました。
当時は若く未熟だった為、株式のことは全くわからず、
ゲーム感覚で遊んでいるような感じでした。
当時は、株式を購入する際にかかる「使用料金」が高く、
現在のように株式を買うのに1千円程で遊んで買うようなサービスはなく、
購入した金額で高い使用料金が決まっていました。
たしか当時は1千万円だと3万円以上取られていました。
その高い使用料金で株式ゲーム感覚で遊んでいたのですが、
ある時、1千万円分の株を購入したのですが、使用料金の事を忘れていて、
株式口座の残金がゼロになるまで購入してしまいました。
残金がゼロの状態で1千万円分の株式を購入してしまったので、
証券会社から電話がかかってきて、口座残金が-3万数千円なので、
明日中に使用料金3万数千円を振り込んでくださいと言われました。
(当時の株式のシステムも未熟なので現金買いでも使用料金で口座がマイナス残高になります)
しかし手元には数千円しかなく銀行にも残高は0円で、
当時はクレジットカードなども持っていなかったので困りました。
証券会社の人に電話で、株式を売ったらお金ができるから、
それでは駄目なのかと言ったら、それでは困りますと言われたので、
わかりましたなんとかしますと答えて電話を切りました。
1千万円の株があるのに、たったの3万数千円でどうしようかと困りましたが、
親の方には、こんな情けない失敗はさすがに恥ずかしくて言えず、
迷った挙句、私の所持品のゲーム機やゲームなどをゲーム屋さんで売却して、
漫画なども100冊程度まとめて古本屋に売却しました。
どうにかこうにか3万円数千円はできたのですが、
まだ1千円ほど足りなかったので、1千円だけなら親に借りてもいいかなと思い、
手元にお金が無いから1千円だけ貸してと言って親から借りました。
小さいプライドのかなり情けないお金に困った話ですが、今思えば、
手元と銀行にお金が無いから、親に貸してと言えばよかったと思います。
以上で私のちょっと情けないお金の困った話を終わります。